読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

息子が自分の手を見つけました【生後2カ月】

0歳児 0歳児-0歳前半 育児の日常
スポンサードリンク

成長著しい息子(生後2カ月)は、最近自分の体にニョキッと伸びた2本の物体があることに気づいたみたいです。

そう、自分の手があることを発見し、時折じーっと自分の手を見つめております。世の中的にはハンド・リガードって呼ばれるものらしいですね。

ハンド・リガード

ハンド・リガードは、生後2〜3ヶ月くらいの赤ちゃんに見られる反応のひとつで、赤ちゃんが顔の前に自分の手を持ってきて、「これはなんだ」と考えながら眺めることです。

ハンド・リガードは、赤ちゃんが自分の体を認識し始めたという証拠です。

手を目の前に持ってきてじーっと見つめ、そして自分の体であることを確認するために、手を口に入れて感覚を確かめます。この指しゃぶりは赤ちゃんの精神を安定させ得る効果があると言われ、またそのうち自然としゃぶらなくなるので無理やり止めさせる必要はないです。

大人に例えると・・・

f:id:Pikky:20090627113904j:plain
http://matome.naver.jp/odai/2138786122058984801/2138786375960747203

f:id:Pikky:20150206084338j:plain

f:id:Pikky:20120822233614j:plain
http://lovelive-matome.com/archives/loveliveneta0917.html

f:id:Pikky:20150206091231j:plain
http://tetosiki.blog87.fc2.com/blog-date-201103-12.html

大人に例えるときっとこんな感じの衝撃を受けているものだと思われます。

何はともあれ、自分の手を見つめているだけでびっくりするくらい可愛い息子は、どこまで可愛くなるんだろうと末恐ろしいです。

ハンド・リガードをする時期の赤ちゃんの日常

最近、息子が狂ったように泣くことがあると嫁さんが言っていました。少し調べてみるとこの時期特有のグズリがあるんですね。何やら急に夕方過ぎあたりに原因もなくギャン泣きをする「たそがれ泣き」と呼ばれるものらしいです。

生後3ヶ月くらいから始まり、5ヶ月〜1歳くらいに自然と治まるとされています。海外の赤ちゃんでも同様の現象はあるらしいので、日本の赤ちゃん特有ってわけではないみたいです。

原因はまだ解明されていないですが、まあそういう時期があると分かっているだけで、親は気持ちが楽になります。

(2016.12追記)

そういえばたそがれ泣きもいつの間にか終わっていました。ほんの数カ月の出来事だったと思います。ギャン泣きされるとツラいものですが、あっという間に終わるのでほほえましく見てあげると、こちらの精神も安定します。

さいごに

息子は37週で生まれたのですが、世の平均的な赤ちゃんより早めに成長が進んでいます。とても嬉しいことです。

多少早く生まれたからといって、成長にはあんまり関係ないよと3〜4ヶ月前の自分に言ってやりたいです。

とりあえず、ハンドリガードを最初ハンドリ・ガードって思って、何を半分取ってガードしてるんだと思ったのは私だけじゃないはず。

◆おすすめ記事◆