読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパが知っておくべき出産のこと【まとめ】

まとめ 妊娠 0歳児 0歳児-0歳前半
スポンサードリンク

息子が生まれてはや数週間。私もようやくパパとして第一歩を踏み出した心境です。

これからパパになるって方は、妊娠や出産がどんなものか全く分かっていないですよね。つい1ヶ月前の私がまさにそうでした。

こればっかりは一度身近に経験しないと分からないもの(なので結局男には分からないもの…)ですが、それでも事前にある程度知識として知っておくことは重要です。

今回は、これまでこのブログで取り上げたことをまとめて、必要な知識を抜粋してみます。本エントリでは「出産」と「出産に関わる届け出」についてまとめていきます。

せっかくなので、ちょっとクイズっぽく穴埋め問題形式でまとめてみます。

f:id:Pikky:20141202073858j:plain

出産について知っておくべきこと9問

  • 陣痛は(1. 昼 夕方 夜 真夜中)によく始まる
  • 陣痛が始まってから出産までの平均時間は(2.  )時間
  • 立会い出産の極意は妊婦の(3.    )側から動かないこと
  • 立会い出産でのパパの役割は、(4.      )こと
  • 出産直後のママは(5.     )ので、積極的にお手伝いをするといい
  • 出産費用は(6.      )金でほぼ賄える
  • 育児費用は(7.      )手当でほぼ賄える
  • 出産準備品の費用は(8.     )でほぼ賄える
  • 内祝いは出産祝いの(9.     )くらいの額で考える
答え

1.真夜中  2.12  3.頭  4.ママに寄り添い、励ます  5.マジで動けない  6.出産育児一時  7.児童  8.出産祝い  9.1/2〜1/3

解説

立会い出産をする場合、パパも出産までの流れをシュミレートしておいたほうがいいです。

特に里帰り出産の場合、まず間に合うかという大問題が立ちはだかります。我が家の場合は16:30に破水して出産が23:45、私がたどり着いたのが23:40でした。絵に描いたように病院に着いた途端産まれました。

上にあげた「夜中に陣痛が始まり、12時間後くらいに生まれる」っていうのはあくまで統計上のものだというのを肝に銘じておいたほうが良いです。

立会い出産においてパパが戦力になれるのは、嫁さんを励ますことくらいしかありません。必死に寄り添いましょう。嫁さんは残念ながらほとんど覚えていないでしょうが・・・。

出産は色々お金がかかるイメージがありましたが、贅沢をしなければ損をすることはありません。大体ペイすると思っていてよさそうです。

出産後の届け出について知っておくべきこと6問

  • 出生届は帰省先でも提出(1. できる できない)
  • パパがする手続きは(2.   )手当、(3.    )助成、(4.    )加入
  • (5.    )は出生届と同時に住民登録地で手続きすると効率的
  • ママがする手続きは(6.    )金、(7.    )金、(8.    )金
  • 里帰り中に選挙の投票する場合、(9.     )の選挙管理委員会から「不在者投票宣誓書」を提出し、(10.     )先の選挙管理委員会で不在者投票の手続きをする
  • 今の投票制度は(11.     )
答え

1.できる  2.児童  3.乳幼児医療費  4.健康保険  5.児童手当  6〜8.出産育児一時、出産手当、育児休業給付(順不同)  9.住民登録地  10.里帰り   11.鼻くそ

解説

産後のママは、大体5日間くらいは入院し、退院してもしばらくは歩くので精一杯な状態です。なので、出産の手続きはパパの最初の仕事だと思っておいたほうがいいです。

何も考えずに役所に行くと無駄な往復をする羽目になる恐れがあるので、しっかり下調べをしていったほうがいいです。

今回はたまたま妻の里帰り中に選挙があったんですが、住民登録地以外での投票の仕方が面倒くさすぎて驚きました。早くネット投票を実現してほしいです。個人的にはネット投票になれば日本の全てが変わると思っています。

◆関連記事◆

◆オススメ記事◆