読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

出産は得か損か -出産で入るお金・出て行くお金

0歳児 0歳児-0歳前半 知っ得 知っ得-お金
スポンサードリンク

赤ちゃんが生まれればこれまでの生活が一変します。当然それは嬉しいことなんですが、不安なのは家計ですね。

取り急ぎ、何かと出費が嵩みそうな出産前後に入るお金と出て行くお金を知っておくことは大切です。

というわけで、出産前後でかかるお金と入るお金をまとめてみました。

f:id:Pikky:20141122224223j:plain

かかるお金

名称概要
検診費用 妊婦検診にかかる費用。母子手帳があれば14
回まで基本無料だが、エコーとか別途費用が
必要になる。
10万
分娩費用 出産にかかる費用。平均費用はこちらを参
考。東京だと50〜100万くらいかかる。
42万
里帰り費用 ママの里帰り+パパの里帰りの合計を5回。
東京-大阪と仮定
15万
マタニティ用品
出産準備品
ママの下着類。ベビー用品。
費用はこちらを参考
15万
お宮参り
お食い初め
お宮参り4万円、お食い初め15,000円 5万5千
内祝い 出産祝いのお返し。出産祝いの1/2〜1/3程度 15万
産後1年程度
育児にかかる費用
ミルク6,000円。おむつ3,000円。
消耗品1,000円。費用はこちらを参考
1万/月

実感として、東京で出産する場合の分娩費用は、里帰りの場合の分娩費用+里帰り費用よりも高いです。

我が家は近所に東大病院があるんですが、そこで産もうとすると最低80万はかかります。妻の実家で里帰り出産をすれば分娩費用は30万強なので、里帰り費用を考慮しても東京で産むほうが高いです。

でも一人目ならいざ知らず、二人目の出産になると小さな子どもを抱えて長期間里帰りも難しいのが悩ましいところ。

入るお金

名称概要

出産育児一時金

健康保険の被保険者または被扶養者が妊娠
4ヶ月(85日)以上で出産した場合に支給
42万
児童手当 日本国内に住む0歳以上から中学卒業までの
子どもを養育している保護者に育児にかか
るお金を支給する手当
1万5千/月
出産祝い 赤ちゃんの誕生を祝うお祝い品やお祝い金。
合計額の相場はこちらを参考
30万

こちらは東京で産んでも田舎で産んでも変わりません。当然ですね。

比較

出産費用はおおよそ出産育児一時金で賄えるようです(そうなるように設計しているんでしょうけど)。東京などの大都市で産む場合は、相場が高くなっているので注意ですね。

また、教育費を除いた育児費用は児童手当で十分賄えそうです。マタニティ用品や出産準備品の購入費用は、大体出産祝い(内祝いを引いた額)と相殺される感じですね。

最終的には、無料の範囲を超えた検診にかかる費用と、里帰り費用(あるいは「都会で」産む費用)、出産後のイベントごとが出費となりそうです。

額にしたら大体30万円くらいの計算です。これ全部、必須な費用ってわけでなく、自分の希望によってかけるお金が変えれるものなので、悪い類のものではありません。

おわりに

出産前後で特別出費がかさむってことはなさそうです。イベントでちょこちょこお金が飛んでく感じですかね。どちらかというとママが休業していることによる収入減のほうを考慮すべきです。

お金がかかってくるのは保育園とか幼稚園とか行き始める頃です。ここら辺から教育費もかかってくるでしょうし。そう考えると日本は、最低限子どもを育てるライフラインは整ってるんですね。

それ以上を望むとお金を払えよっていうのは資本主義では当然ってわけです。

◆関連記事◆

◆オススメ記事◆