読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

里帰り中の息子(新生児)と会って改めて気づいたパパが本当にすべきこと

0歳児 知っ得-育児法 0歳児-0歳前半 知っ得
スポンサードリンク

先日、里帰りしている息子(新生児)と妻の実家に行ってきました。3泊4日の子育て初心者研修です。おむつ交換も沐浴も抱っこも寝かしつけも一通り経験してきました。

 f:id:Pikky:20130115150207j:plain

で、思い知りました。何がって、赤ちゃんのお世話の大変さです。

ほんと赤ちゃんのお世話だけで1日終わってしまうんですね。オムツ替えとか沐浴とか一つ一つは難しくない作業です(私は見習いレベルですが)。

でも、オムツを替えた直後に特大のう◯ちをしたり、必死に寝かしつけようとずーっと抱っこしても寝ないときは寝ないし、それが深夜だったらもう・・・。

子育てで一番キツいのは、自分の思い通りにお世話を調整できないことなんだということが身にしみて分かりました。

大人の世界なら思い通りに動けるのに

会社だったら、朝のうちにこれとこれを済ませて午後に重たい内容のあれをやろうとか、今週はあれを重点的にやって目処をつけようとか、ある程度自分の思い通りに自分の行動を決めることができます。

でも、赤ちゃんのお世話はどこまでいっても赤ちゃん主導です。こっちがいくら爆睡してても、彼のお腹が空けばギャン泣きで強制的に起こされるし、こっちがキレイに取り替えても彼の渾身の一撃で一瞬にして再作業です。極端なことを言えば、自分のトイレのタイミングですら、赤ちゃんの動向次第です。

今は妻の実家で、お義母さん・お義父さんが赤ちゃんの面倒を見てくれたり、洗濯や食事をしてくれたりと、いろいろとバックアップしてくれているので、落ち着いて赤ちゃんに接することができていますが、これが夫婦2人だけになったら、どんだけ大変になるのか想像できません。

3時間おきの授乳と言っても、順調にできたとして授乳に30分・寝かしつけに30分かかるので、自由に使える時間は正味2時間もありません。その間に、洗濯をして掃除をして、自分の食べるものを作って、自分の睡眠時間を作って、ってしてたら本当自由に使える時間なんてないよね。特に妻は四六時中赤ちゃんと一緒にいることになるので、多分常にドタバタです。

新生児を迎え入れるパパがやるべきことは

今までパパが育児に参加するっていうのは、オムツを替えたり沐浴をしたり、「赤ちゃんのお世話を担う」ってことだと思っていました。

それも赤ちゃんとパパとのコミュニケーションっていう意味では大事なんだろうと思います。

でも、多分もっと大事なのは、子育ての中心を担っているママに、どれだけ子育てに専念させることができるか、ということな気がしました。つまりは、今妻が子育てをしている実家の環境に如何に近づけることができるか、です。

食器を洗うとか、洗濯するとか、掃除するとかって、育児という大きなタスクが最優先になるにあたって、これまで以上に面倒臭い作業になります。

また、それらの家事の負担が減るだけでママがどれだけ楽になるか、この3泊4日の妻の実家での子育て研修で目の当たりにしました。

一方で、これらの家事はよく考えれば、ある程度「自分で調整できる」作業です。仕事でできているのに家でできない道理はありません。

・・・パパやりますよ。これも自分の業務だと思って1日の行動を調整すればいいんでしょ。やれるよきっと。

あとは子どもの面倒を可能な限り見るのももちろん大事です。パパが家にいるときくらいママに可能な限り休んでもらう、という行動が一番重要なのです。間違ってもパパがいると手間がさらに増えるとなってはいけません。

おわりに

これからもう少しの間一人暮らしの期間がありますが、パパになる予行演習として家事をキレイにこなすことを一つ目標にします。

◆関連記事◆

◆オススメ記事◆