パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

おしゃれな出産報告用ハガキを作ってみた【年賀状にも使える】

スポンサーリンク

以前の記事で海外のおしゃれな出産報告を見てみましたが、ぜひ我が家も真似たい!と思い、ちょっと簡単に作ってみました。

関連記事

お洒落な出産報告7選【年賀状のレイアウトの参考に】

サンプル

f:id:Pikky:20141116235621j:plain

黒板風な感じのものを作りたいと思います。

準備1:まずは我が子を撮る

f:id:Pikky:20141130081336j:plain

うちの可愛い息子、名前はプーさんっていいます。

どこかの国では性別がわからないくせに下半身が裸とはけしからんって露出狂みたいなレッテルをはられましたが、我が家では押しも押されぬトップぬいぐるみです。

今回はプーさんを我が子に見立てて作ってみました。

準備2:切り抜く

黒板の上に乗っけるために、余計なところをカットします。macユーザーは以下の手順でできます。

①プレビューで開く

②工具みたいなボタンを押し、一番左のアイコンから「スマート投げ縄」を選択

③切り取りたいところの輪郭に沿ってズズズズッと線を引いていく(下図を参照)。正確に言うと、オレンジの線に輪郭と後ろの背景が含まれるように線を引く。

f:id:Pikky:20141130192154p:plain

④コピー&新規プレビューでペースト。するとこんな感じになります。

f:id:Pikky:20141130191630p:plain

今回はあんまり細部までこだわってないので、微妙に切れ具合が綺麗ではないですが、切り取る部分と背景とのコントラストが大きいと上手く切り取ってくれます。

準備3:背景を準備

ネットで探せばわんさか出てきます。今回使用した黒板画像はこちらです。

f:id:Pikky:20080109154755j:plain

How to Make Your Own Chalkboard Printables - How to Nest for Less™

準備4:フォントを準備

PCに入っている標準のフォントを駆使してもいいんですが、黒板風の背景に普通のフォントは合いません。なので、それっぽいフリーのフォントを探してきました。

f:id:Pikky:20141130193551p:plain

KG A Little Swag Font | dafont.com

f:id:Pikky:20141130193824p:plain

AZFonts

f:id:Pikky:20141130203955p:plain

Callistroke Font - 1001 Free Fonts

f:id:Pikky:20141130204625p:plain

Typewriter Hand Font | dafont.com

f:id:Pikky:20141130204749p:plain

FFF Tusj Font | dafont.com

macの場合、ダウンロードした.ttfファイルをダブルクリックするだけでインストールしてくれるはずです。windowsはちょっと分かりません。

作成

私はoffice for macのpowerpointで作りました。そんな凝ったやつじゃなく画像と文字の切り貼りでできるレベルであったらpowerpointで十分だと思います。あとはもうノリです。

f:id:Pikky:20141130220659p:plain

フリーで取ってきたフォントも、ツール>フォントから選べるようになっているはずです。また、最初にハガキ用にページ設定を変えました。

f:id:Pikky:20141130220855p:plain

ページ設定はメニューバーの「ファイル」を選択すると出てきます。

できた

f:id:Pikky:20141130221035p:plain

細かいところで気になるところはいっぱいありますが、素人が作ったにしてはいいでしょ。ちなみにフォントを探す時間とかも含めて2時間弱くらいでできました。実際作っている時間は20分くらいです。

年賀状用に少しデザインを加えると

パターン1

f:id:Pikky:20141130221956p:plain

基本的には先ほどの出産報告と同じで、下の方に羊の絵と年賀状の言葉を添えています。

この羊の絵は、ネットから適当に取ってきたもので、もとは筆書きみたいな絵です。

これをパワポの機能でもともと黒だった線の色を白に変更しています。筆書きなのにチョーク画っぽくなるんですね。

パターン2

f:id:Pikky:20141130222551p:plain

使っている素材はパターン1と同じです。上下の文字を入れ替えた感じです。

パターン1は年賀状なのに我が子を全面に押しすぎかなーっと思って、ちょっと年賀状感を強めに出してみました。

パターン3

f:id:Pikky:20141130222829p:plain

パターン2よりも更に年賀状感を出してみました。あと「POOH」の文字の旗な感じを活かして、子ども(プーさん)の手と羊の前足で旗を持ってる風にしてみました。

この旗はフォントなので向きを変えることができない(なのでPOOHの文字が90度回転している)のですが、白の旗の画像でも探してその上にテキストを乗せれば、もっとクオリティ高いやつができそうです。

別のデザインでも作ってみた

サンプル

f:id:Pikky:20141117001807j:plain

楽しくなったので、違うデザインのものも作ってみます。

我が子の素材を存分に活かした感じのものを作ってみます。背景に色もいらないからインク代も抑えることができそう。

準備1:まずは我が子を撮る

f:id:Pikky:20141130081336j:plain

先ほどと同様、今回も我が子は安定のプーさんでいきます。今回のパターンにする場合、この我が子の写真のクオリティが全体のクオリティに大きく影響しそうな感じです。まあシンプルなデザインですからね。

準備2:素材を準備

体重計、デジタルクロック、定規の素材を探してみました。

f:id:Pikky:20141202214013p:plain

Food scale tool - Free Tools and utensils icons

f:id:Pikky:20141202214125p:plain

Clock digital tool outline - Free Tools and utensils icons

f:id:Pikky:20141202221759p:plain

Ruler, IOS 7 interface symbol Icons | Free Download

やっぱりこういうときは海外のサイトのほうがシンプルでおしゃれなベクターが多いです。日本のやつだと、何となくゴテゴテしてる。

準備3:加工

時計の中身を抜く

取ってきた画像の時計の文字は余計です。これを削除します。macの場合プレビューで開いて、工具ボックスをクリック、左端のアイコンで「長方形を選択」。

f:id:Pikky:20141202214630p:plain

あとは数字の部分を選択し、削除するだけ。

f:id:Pikky:20141202214702p:plain

図の色を変える

office for mac のパワーポイントの機能を使います。

f:id:Pikky:20141202215211p:plain

このやり方でやれば一発です。

作る

あとはもうせっせと作るのみです。これもoffice for macのパワポで作りました。

f:id:Pikky:20141202225118p:plain

ちょっと味気ないかな・・・。もうちょっとごちゃちゃしている方が好きです。

さいごに

一回素材を集めてしまえば、あとはするするって何パターンかできてしまいます。是非みなさんもやってみてはいかがでしょう。いい気分転換にもなりますよ。