読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

無事産まれました -里帰り出産の立ち会いは難しい

妊娠
スポンサードリンク

昨晩23時45分、無事我が子が産まれました(画像はイメージです)。思ったより人間の顔をしていて、思ったよりイケメンで、パパはもう嬉しくて嬉しくてたまりません。

間に合うか!いよいよ出産の立会い(現在進行形)

さて、お産をした病院はお泊まり禁止なので、パパはとぼとぼ妻の実家に帰り、ママとも息子とも会うことができません。面会時間は午後なので今のうちにお産を振り返ってみたいと思います。

f:id:Pikky:20090625142351j:plain

ハイライト

病院に着いたのが、おそらく23:40前くらい。で、産まれたのが23:45・・・。
最後の5、6分しか立ち会えませんでした。いや、ぎりぎり間に合ったとも言えるか。

とりあえず着いたらすぐに頭が出ました。ええ彼の。
行ったらすぐクライマックスを迎えてしまったので、正直オロオロしてる間に産まれてしまいました。

妻やお義母さんの話を聞くと、16時半に破水して17時に病院に行ったときには既に子宮口全開だったらしいです。21時くらいには産まれてるよ、って言われていたようです。

それが思いの外産道が狭く、難航したとのことでした。

助産師さんは

「お父さんが来るのをこの子待っているんですよ」

って励ましてくれたようなんですが、

「もう間に合わなくても大丈夫です」

と即答した妻の言葉が、お産の壮絶さと、そんな中でも笑いを忘れない関西人の魂を感じます。

立会い出産で倒れないために私にできたこと

入念に入念に計画を立てていた立会い出産。実際は10分もたたずに終わってしまったので、対策もクソもなかったのですが一応振り返ります。

立会い出産で倒れないために私にできること

妊婦の頭側にいる:達成度100%

達成度100%というか、お腹より下側は戦場で、立ち入る雰囲気では全くなかったです。

コンタクト・メガネをとる:達成度0%

「そんな余裕はなかった」の一言に尽きます・・・。幸いにも血が飛び散るような現場にならなかったのもよかったです。

顔を伏せる:達成度60%

顔を伏せるまではいきませんが、下半身を見ないように意識はしました。というより苦しんでいる妻を見ていたら、それを励まそうとするので精一杯でした。

そこに錆びた鉄があると信じる:達成度100%

血が飛び散るような現場でなく、血の匂いもしなかったのですが、全く血が流れなかったわけでなく、ちょこちょこ赤いものが目につきました。

血と思うと怖いので、ストロベリーなんだと固く信じるようにしました。

妻の事しか考えない:達成度200%

これに尽きたと思います。最後の一番苦しいときにしか立ち会う事が出来なかったこともありますが、赤ちゃんが産まれる瞬間を見たいという好奇心は1mmもおきず、妻を支えたいという気持ちだけでした。だってあんなに苦しそうにして・・・

総合評価:50点

単位は残念ながらもらえないですね。何がって、最後の10分しか立ち会えなかったことです。

まさかお産が6時間で終わるとは予想もしていませんでした。里帰り出産で立ち会うのって難しいなと思いました。

今回は、共に戦ったというよりは、プレゼントされた立会いでした。最後の最後の美味しいところだけ食べちゃったみたいな。妻とそれまで立ち会ってくれたお母さんには感謝いっぱいです。

さいごに

晴れてパパとなりました。パパ初日はお日柄もよくパパ日和(?)です。
立会いを支えるというパパ最初の仕事は不完全燃焼でしたので、これからパパ全開でいく所存です。といってまたしばらく離れ離れですが・・・。

◆おすすめ記事◆