読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

立会い出産で倒れないために私にできること

妊娠
スポンサードリンク

妻のマタニティライフも最終盤となりました。

パパとしてもなんとしても嫁さんの出産に立ち会うためのあれこれを考えてきました。今回は、無事間に合って、立ち会えたとして、”最後まで”立ち会うために作戦を考えときたいと思います。

そう、他の世の男性と違わず、私も血を見るのが大嫌いです。立ち会い出産で、旦那が倒れて迷惑をかけたとかいう話はよく聞きます。私もそうならないとは言い切れないので、油断せず万全の対策を練ります。

f:id:Pikky:20141124234040j:plain

 

 

対策1:妊婦の頭側にいる

これは基本中の基本ですね。嫁さんの頭側にいて常に励ましながら、実は危険地帯から距離をとるというのは、最も合理的と言える対策です。病院によっては、妊婦さんのお腹あたりでシートで仕切られていて、血をほとんど見なくて済むところもあるみたいです。

 

対策2:コンタクト・メガネをとる

コンタクト・メガネを取っておけば仮に鮮血が視界に入っても、その鮮やかさは半減するはずです。風景がぼやけるという欠点はありますが、そこに何があるかは大体わかります。そもそも出産の現場を見学しに行くわけではないので、そんなに鮮明に目に焼き付ける意味はこれっぽっちもありません。

 

対策3:顔を伏せる

これも物理的に視界を遮断する有用な方策です。

妊婦さんが旦那に立ち会ってほしい一番の理由は、側にいて精神的(とほんの少し身体的)に支えててほしいってことだと思います。そうなれば旦那が自らわざわざ血の気の引く光景を見る必要はありません。見るのは嫁さんの顔か手だけと最初から心に固く決めておけばいいのです。

 

対策4:そこに錆びた鉄があると信じる

おそらく、視界とともに私を地獄へ誘うのが臭いだと思います。血なまぐさい臭いで、一気にダウンする人もいるって聞きました。洗濯バサミで鼻をつまむっていうのも考えましたが、そんなシュールギャグを死にそうな思いでお産をしている嫁さんの前でやりきる度胸はありません。

顔芸が使えないとなれば、残る手段はマインドコントロール。そこに鮮血があるとは思わず、臭いのキツイ鉄もあるんだな、と思い込ませるしかないんじゃないでしょうか。

 

対策5:嫁さんのことしか考えない

先ほども書きましたが、旦那が出産に立ち会う意義は、嫁さんを支えるためです。お産を見学するためではありません。であれば、心を全て嫁さんに捧げればいいんじゃないでしょうか。嫁さんが何をしてほしいか、どうすれば少しでも楽になるか、どんな言葉をかければ気が安らぐか、それだけを考えて、そして、嫁さんの首より上だけを見とけば、お腹の向こう側にある喧騒は対岸の火事?です。きっと乗り越えられると思います。

 

----

パパが我が子にしてあげる最初の子育てだと思って、家族の絆が深まるよう頑張る所存であります。