読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパが子どもとの仲を深めるのは略奪愛と同じ

息子が産まれて早2年あまり。 息子とパパとの関係は、この2年の間で紆余曲折ありました。 懐いてくれてる時期もあれば、ママママとママの方しか向いてくれないことも。それでもこの2年間をトータルで見ればパパと息子の仲は緩やかな右肩上がりだと思いま…

パパが赤ちゃんと同じ布団で寝ることに意義はあるのか

我が家は息子が里帰り出産から戻ってきた2ヶ月のときから親子3人同じ布団で寝ています。 母子が同じ布団で寝るというのは良く聞く話ですが、案外パパは別の布団で寝ていることが多いです。私の周りで統計をとると7割くらいのパパが別の布団で寝ています。…

添い寝で寝たくない!パパが毎晩実践する眠気撃退法

子育ての夜の鬼門といえば、そう、寝かしつけ。 子どもを寝かしつけているはずが、いつの間にか自分を寝かしつけてしまったという事案は我が家に限らず、世界中の家庭で頻発しているはずです。 私なんて布団に入って10数えればグースカ寝れる自信があるのに…

「パパと息子の1ヶ月のふたり暮らし」が私の今と状況が近すぎて泣けてしまった話

今ネットで話題のユーキャンが公開している動画を見ました。「パパと息子の1ヶ月のふたり暮らし」という動画です。巷で「感動する!」ともっぱらの評判なのです。 設定は、ママが2人目出産の里帰りのために帰省し、パパと息子が1ヶ月間ふたり暮らしをする…

ママ入院という緊急事態で知った息子とパパの成長

妻が切迫早産で入院して早いもので数日が過ぎました。 →我が家の緊急事態!妻なしで息子としばらく暮らすことになりました 入院当初は頭が真っ白だった私も、この数日でだいぶ落ち着いてきました。 皆さまからもブコメや問い合わせフォームから激励の言葉と…

我が家の緊急事態!妻なしで息子としばらく暮らすことになりました

我が家に緊急事態が発生しました。なんと妻が切迫早産で急きょ入院してしまったのです。 我が家には元気が取り柄のやんちゃ2歳児がいて、妻は現在妊娠8ヶ月。妻は育休中の身なので、普段は妻が息子の面倒を見ていました。 そんな状況で妻が緊急入院。私の…

パパとママが揃うと息子がわがまま小僧になる件

薄々は気付いていましたが、ついに妻に言われてしまいました。 「ママと2人でいるときの方が息子くんが良い子である」 と。 この言い方には多分に「パパが居るとダメ」的なニュアンスが含まれていますが、実際のところは違います。 なぜならパパと2人きり…

パパの男の子育児の醍醐味はお揃いのコーディネートを楽しむことだと気付いた

先日、息子とお揃いのニューバランスのスニーカーをクリスマスプレゼントに買ってもらったパパ。 関連記事 育児は足元が大事 ーパパをイクメンにするプレゼント あれから1ヶ月、パパの息子とペアルック欲がとまりません。 散歩に行くときの玄関での息子の反…

上の子がお腹の子を大好きになる魔法の声かけ

2歳になったばかりの息子に訪れた試練。それはママの体の異変です。 現在2人目を妊娠中の妻は、もうお腹も大きくどこからどう見ても妊婦の見た目をしています。 息子もその異変を察知し、赤ちゃん返りと思われる情緒不安定になっています。 →赤ちゃん返り…

東大の三四郎池は2歳児が全身を使って夢中で遊べる夢の場所

先日、息子と散歩がてら東大(本郷キャンパス)に行ってきました。 東大は自転車で行ける距離なので、ちょくちょく散歩に行っていたのですが、いつもはキャンパス内をうろちょろしていました(それでも十分楽しめる)。 今回、息子が2歳になって初めての東…

休日に休めるかは息子(2歳)の昼寝にかかっている

2歳を過ぎ、やんちゃに磨きがかかりすぎてキラキラ眩しい息子です。 そんな息子と過ごす休日に安息な時間なんてものはありません。息子が起きている時間イコール息子を追いかけている時間と言っても過言ではない。 息子の機嫌の良い日は、一日中追いかけて…

なんで子どもはあんなに荒くれ寝相なのに眠りに対して敏感なのか

息子が生まれて2年が過ぎ、OPPAIを卒業して半年が経ちました。 1年以上悩まされた夜泣きも卒乳とともに卒業し、我が家は平穏な夜を取り戻した… かのように思われていました。 息子、寝相悪すぎて困る 小さな子どもの寝相の悪さはなんなんでしょう。うちの…

2歳児を釘付けにしたしまじろうの魅力を追う

1ヶ月ほど前、息子がしまじろう(こどもちゃれんじ)を始めました。 →しまじろうを始めました −Eテレと比べてみる 始めた当初から結構食いつきは良かったのですが、それから1ヶ月が経った今しまじろうが大好きになったようです。 もはやアンパンマン、トー…

2歳の誕生日プレゼントに適していたもの、クリスマスプレゼントに適していたもの

息子は12月生まれで、先月で2歳を迎えました。 12月といえばもう1つ大きなイベント、クリスマスがありますね。 今回の息子の誕生日とクリスマスはそれぞれプレゼントを貰ったり買ったりしました。 我が家の中で2歳児といえば…というプレゼントを選ん…

赤ちゃん返り!?イヤイヤ期!?2人目妊娠中の我が家での息子(2歳)の様子が変わってきた

現在妻が2人目を妊娠中の我が家。妊娠も後期に入り、お腹も大きくなってきました。鈍感で有名な私の目から見ても、完全に妊婦です。 2歳となった息子も当然ママの異変には気づいているはずです。 赤ちゃん返りなのか、単なる魔の2歳児のイヤイヤ期なのか…

親としての旅行は楽しくはないけど楽できる

先日、お正月休みの最後の2日間を使って箱根に一泊旅行に行ってきました。 私たちは実家が両方とも遠方で、これまで盆正月はどちらかの実家に帰ってましたが、今回は妻が妊娠中で無理しないようにということで、初めて東京で年末年始を過ごしました。その締…

鼻く◯が教えてくれる息子の成長【2歳男児】

明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いします。今年ものんびり緩くやっていく予定です。 新年1発目のエントリは、息子の鼻くそで知った息子の成長についてです。 男の子が大好きなものといえば、唐揚げ、ハンバーグ、鼻くそと相…

グズグズの2歳児を相手にすると1日がとんでもなく長い

もうタイトルで全てを言い切った感じがありますが、グズグズの2歳児を1日相手にしてホトホト疲れ果てました。 世間がクリスマスだと浮かれまくっていた12月24日、1人ご機嫌斜めな2歳児がここにいました。ここ数日体調が思わしくなかったのが原因のようで…

息子の育児が楽になった理由は【2歳】

ここ数ヶ月息子(現在ちょうど2歳)育児が少し楽になったような気がします。 つい半年ほど前、これがイヤイヤ期なのかと思うくらいにっちもさっちもいかず、毎日辟易していました。 →1歳半の息子、イヤイヤ期を疑う それから半年経って、息子が2歳になっ…

子どもが生まれると季節の行事に敏感になる

昨日(12月21日)は冬至でした。一年で一番お昼が短い日。 私の中ではまだ12月が始まったばかりなはずなのですが、いつの間にか年も暮れようとしています。これはきっとお昼が短いからだ。 冬至といえばカボチャに柚子湯 冬至といえばカボチャを食べて、柚子…

小さい子を持つパパにこそお勧めしたい、喉ふんどし

子どもが生まれて私が変わったこと、それは病気になりやすくなりました。 小さな子どもって本当によく体調を崩します。そして小さな子どもを持つ親は本当によく病気をもらいます。 子どもがいると家事は1.5倍増しになるし、夜泣きならなんやらで睡眠は1/3く…

2歳男児の冬の常識20コ

12月になり、季節はすっかり冬ですね。 寒いのが嫌いな私の苦手な季節です。ちなみに暑いのも苦手で、花粉症なので春も苦手です…。 そんな厳しい季節もお構いなしに毎日を楽しんでいる2歳児が目の前にいます。こんな風に冬を楽しめたらな…と羨ましく思い…

Amazon欲しいものリストから「もうぬげない」を贈っていただきました【大人もほっこりする】

なんと!また×6Amazon欲しいものリストからギフトが届きました。6回目のギフトです。 Amazon欲しいものリストってこういうものです。 Amazonには、今すぐに買うわけではないけれど、いつか買いたいものをリストにする「ほしいものリスト」があります。 リ…

しまじろうを始めました −Eテレと比べてみる【2歳・こどもちゃれんじプチ】

息子も2歳になり、そろそろしつけや教育のことを考えないといけないなと思い始めました。 ブログなどで保育園に行っている子の話を聞くと、集団のなかで言葉をたくさん覚えたり、お片づけなどの習慣を身につけたり、グーンと成長しています。 そういう話を…

息子が2歳になったので、これからは顔写真に目線を入れます

先日、息子が2歳になりました。 嵐のような日々で、あっという間だけど濃ゆい濃ゆい2年でした。 このブログでは、そんな2年間の息子の軌跡を残すべく、しばしば顔を隠すことなく息子の写真をアップしていました。 顔写真を公開することに特段のポリシーは…

自分の子どもを天才だと思う理由を自分の心に問いかけてみた

実はうちの息子天才です。 絵本に載ってる電車は全部名前を言えるし、プラレールのカタログに載っている全国の電車の名前も大抵言えるようになってしまいました。 特に大人が教え込んだわけでもなく、ちょろっと名前を口に出した程度ですが、本当にあっとい…