パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

知って得する情報

ちょっと待って育児を止めようと頑張っています

もうすぐ2人目が産まれる予定の我が家。 正直、息子(2歳3ヶ月)のお世話だけで結構てんやわんやなのに、これに下の子が増えたらどうなるんだろうか…と不安な気持ちがあります。 具体的に何に不安を抱いているかといえば、息子の赤ちゃん返りです。 上の…

水垢汚れはクエン酸湿布のつけ置きでずぼらパパでも簡単・キレイに

前回に引き続き、独り身生活を満喫中の私です。 切迫早産で入院中の妻も、義実家に一人放り込まれた息子(2歳)も、慣れない環境のなかで頑張っています。 私も仕事が夜遅くまである状況ではありますが、だからといって家仕事を疎かにはできません。 とかい…

キッチンの油汚れはセスキ炭酸ソーダのつけ置きで不器用パパでも簡単・キレイ

今、我が家は私一人で生活しています。 というのも妻が切迫早産で入院してしまい、私がどうしても仕事が忙しく2歳の息子の面倒を見ることが難しいので義実家に2週間ほど預けています。 関連記事 我が家の緊急事態!妻なしで息子としばらく暮らすことになり…

パパと赤ちゃんが同じ布団で寝るメリット・経験者が語ります

我が家は息子が里帰り出産から戻ってきた2ヶ月のときから親子3人同じ布団で寝ています。 母子が同じ布団で寝るというのは良く聞く話ですが、案外パパは別の布団で寝ていることが多いです。私の周りで統計をとると7割くらいのパパが別の布団で寝ています。…

認可保育園を不承諾で罰ゲームのようだと思った我が家の一年後

今年も認可保育園入園の結果で一喜一憂する季節がやってきました。 ちょうど1年前、日本死ね日本死ねと言われていた中、我が家も認可保育園に落ちてしまい途方に暮れていました。 あのとき自分達に残された道が罰ゲームだと言った我が家がこの1年果たして…

【2人目妊娠】上の子がお腹の赤ちゃんを大好きになった魔法の声かけ

2歳になったばかりの息子に訪れた試練。それはママの体の異変でした。 息子が2歳になったくらいのときは、二人目の妊娠6〜7ヶ月で妻のお腹はもう大きくなってどう見ても妊婦の見た目でした。その異変を息子も察知したのか、赤ちゃん返りと思われる情緒不…

2歳児が釘付けになるしまじろう・こどもちゃれんじの魅力は

1ヶ月ほど前、息子がしまじろう(こどもちゃれんじ)を始めました。 始めた当初から結構食いつきは良かったのですが、それから1ヶ月が経った今しまじろうが大好きになったようです。 もはやアンパンマン、トーマスの幼児界2大スターに割って入る勢いで息…

二人目妊娠中に赤ちゃん返り*効果抜群だった魔法の言葉【2歳・男の子】

スポンサーリンク 現在妻が2人目を妊娠中の我が家。妊娠も後期に入り、お腹も大きくなってきました。鈍感で有名な私の目から見ても、完全に妊婦です。 2歳となった息子も当然ママの異変には気づいているはずです。赤ちゃん返りなのか、単なる魔の2歳児の…

妻が妊娠中で金運上昇中の我が家が宝くじを買ったら…

先日年末ジャンボを買ったという記事を書きました。 関連記事 年末ジャンボを買いました【妊婦さんは試してみる価値アリ】 我が家はただ今妻が第二子を授かっており、現在妊娠7か月です。 妊娠中は金運がよくなるという都市伝説、いや大都市伝説があります…

宝くじを買いました【妊婦は当たる!確変!このチャンスを逃すな!】

年末ジャンボ宝くじを買いました。宝クジを買ったのは1年以上ぶりです。 なぜ久しぶりに買ったのかと聞かれれば答えは1つ。 妻が妊娠中だから! 「妊婦中は金運がうなぎ昇り」というのは、妊婦界ではほぼ常識と言っても過言ではない都市伝説です。 上の子…

小さな子どもを抱える我が家が困るマンション構造4選

我が家が今のマンションに引っ越してきて、早1年以上が経ちました。 分譲マンションなので、賃貸にはないような充実した設備のある良いマンションなんですが、やはり住んでみると困ることや不満になることもあります。 特に我が家は小さな子ども(2歳)を…

子どもが懐かないと悩むパパに伝える私の体験談【1歳児】

朗報です。 どうやら息子のパパ好きは本物だということが最近明らかになってきました。 息子のパパ好きっぷり 息子が起きている時間帯に仕事から帰ってくると、家中走り回って喜びを表現してくれます。 そこから私が晩御飯を食べようとしても、ぐいぐい袖を…

男には妊娠週数の数え方が難題すぎて困る

妻のお腹に2人目のベビーがいることが分かり、早3ヶ月。 私としてはなんだかあっという間に安定期に入ってしまった感覚です。 実際にはつわりで大変だったり、息子が救急車で運ばれる事態が発生したり色々あったんですが、1人目(息子)のときと比べると…

電動自転車の転倒で子どもが3針縫うケガを・・・ヘルメットは絶対に装着

9月初旬の頃に起こった出来事です。 息子(1歳9か月)が3針縫うケガをしてしまいました。今回はやんちゃ息子の破天荒が原因ではなく、親が原因のケガです。 自戒の意味と、同じような事故を起こしてほしくないという願いを込めて、ここに経緯をまとめて…

【新築マンション購入記】東京(山手線内側)のマンションを買ったときの心理とは -勢いが全て

マンション購入。それは多くの人にとって一生で一番高価な買い物。 私も今のところマンション購入がダントツで高い買い物です。言葉通り桁の違う額の買い物でした。私は慎重なタイプの人間です。そんな性格の人間が、ケタ違いの買い物を、実物を見ずにモデル…

パパが1歳半と仲良くなるために実践した6つの意識変化

1歳児を育てるパパが何度も直面しているであろう問題。 子どもが何だか懐いてくれない ママじゃなきゃダメーーと泣き叫び、ママの冷たい視線にやるせない気持ちになりながらも何もすることができずに立ちすくむ。 私も何度もこんな場面に直面し、その度に悩…

1歳児のグズグズに負けない!我が家の子育てハック

息子が1歳になって早7か月。 1歳児としていろいろと貫禄がついてきたような気がします。 私たちにとって初めての子どもなので育児は試行錯誤ですが、最近我が家なりの育児ノウハウが蓄積されてきました。 今回せっかくなので、我が家の血と汗の涙(主に涙…

うちの子どもが驚くほどすんなり寝た寝かしつけ法【1歳児】

息子氏1歳7ヶ月。 最近ようやくOPPAIを卒業し、キッズの階段をまた一歩駆けのぼりました。 関連記事 桶谷式で断乳が成功するまでの道のり -我が家の経験談 しかし、断乳が成功して困ったことが1つ。夜の寝かしつけです。 それまでの寝かしつけは100パ…

赤ちゃんが言葉を早く話すようになる「さしすせそ」【1歳児】

息子氏1歳半、おしゃべり男児になりました。 意味のある単語を30語以上は発することができます。 まだ単語だけで文は喋れないのですが、それでも何か訳のわからない宇宙語をずーーっと喋っています。 子育て広場に行っても、スーパーに買い物に行っても、…

歯磨きを嫌がる1歳児の大泣き問題への解決法まとめ

幼児を育てるにあたって、万国共通でイヤイヤするものといえば、そう歯磨きです。 大人でも面倒くさいアレですが、幼児にとってみれば異物を口の中に入れられてゴシゴシされるという拷問に近い儀式なので、その嫌がり方も生半可なものではありません。 我が…

赤ちゃんと子どもの境目は1歳2ヶ月 -身体よりも心の成長で感じるキッズ感

1歳半となった息子。 生まれた頃の消えて無くなりそうな儚さはなくなり、そんな〜時代もあったよね〜て具合に、もう完全にキッズとなりました。 今の息子を見れば完全にキッズなんですが、いつベビーを卒業したんだろう、とふと思いました。 今回は、私が息…

【恐怖体験談】2回目の突発性発疹!不機嫌に効く薬とは?

忘れもしない昨年(2015年)12月。断乳を中断し身も心もボロボロだったあの頃。その心を更に打ち砕いたのが、断乳中断の数日後にやってきた高熱と発疹とマグニチュード8クラスのグズグズでした。 それは突発性発疹、俗に言う不機嫌病を患ったのでした。 関…

【実体験談】桶谷式で断乳が成功するまでの道のり【1歳7ヶ月】

1歳の頃から何度となくチャレンジをしようとしては、うまくいっていなかった断乳。1歳半のときに、もう自分たちだけではどうにもならん、もうやめたい!と色々と限界を感じたため、桶谷式をやっている母乳育児相談室に行って、桶谷式断乳にチャレンジする…

パパの足音がうるさくて子どもが目を覚ます問題について

小さい子のいる家庭でよくある話で、夜パパが家に帰ってくるとその音で子どもが起きるっていうのがあります。 あるいは休日のお昼寝などで「ママ1人だと起きずによく寝るのに、パパがいるとよく起きる」みたいなクレームをぶつけられることがあります。 我…

我が家の1歳半児、イヤイヤ期を疑う【今がピーク説】

ちょうど1歳半を迎えた息子。 日々のイヤイヤ度合が加速度を増してきました。 イヤイヤ期って2歳ぐらいからというイメージがありましたが、早い子だと1歳半から始まる子もいるそう。 これはひょっとして、イヤイヤ期が始まっているのか、そう思わざるを得…

1歳児に前を向かせて写真を撮る4つのおすすめ方法

ちょっと前まではじっと私だけを見つめてくれたのに、最近は私が追いかけてばかりです。 …息子の話です。 1歳5ヶ月を過ぎ、すっかり二足走行が板に付いた息子。 ちょっと前(と言っても1年くらい前)までは、前方を見つめることしかできなかったので、マ…

電動自転車の落とし穴は駐輪場問題 | 場所とる、ラックに入らない、修理は自己負担

スポンサーリンク 車での移動が一般的でない都会での子育てライフに欠かせないのが電動アシスト自転車。保育園の送迎、スーパーへの買い物、ちょっとした遠出、どれももう電動自転車なしでは考えられません。 さて、そんな電動自転車にも大きな問題がありま…

数字で示す2016年度の保活の大変さ【文京区】

社会問題にまでなった待機児童問題。我が家もその時流に乗ってしまい、保育園が決まらないまま4月を迎えました。 もう出尽くした感のあるこの話題ですが、当事者として2016年4月入園の保活がどれだけエゲツない競争だったかをまとめておきます。なお、文京…

10年間のライフプランをエクセルでざっくり出したら精神が安定した

保育園に落ち、ママが仕事復帰できなくなった我が家。 しばらくはママと息子の蜜月の日々が続くことになったのですが、気になるのはやっぱりお金の面。 我が家は、結婚するときにFPにライフプランを診てもらいました。そのときにはもちろん共働きを前提にし…

資産運用目当ての学資保険…我が家は損だったのでしなかった

息子が生まれ何かと出費がかさむ今日この頃。 例えば、息子に変なものは食べさせられないというので、ちょっとお高めなスーパーで息子用の食材を買うことが多いですが、そんな高級食材を惜しげもなく床に撒き散らすワイルドっ子なおかげで、大人以上に食費が…